不動産選びに大事賃貸と分譲の違い

サイトマップ

家の模型

上手な一戸建ての建て方

家と家族

これからマイホームを取得しようとなさる方も多いことでしょう。家を建てるにあたり様々な注意点もあることと思いますが、ここでは私自身の失敗談から少し書かせていただきたいと思います。まず、コンセントの数は多ければ多いほど便利です。実際に住んでみますと「ここにもコンセントがあれば・・・」ということがあまりに多くありました。設計の段階では「そんなに多くなくても大丈夫だろう」などと思っていたのですが、頭で考えるのと実際に住むのとでは大違い。おかげで・・現在の我が家はタコ足配線だらけであります。床にたくさんの配線があり見栄えも悪いですし、第一、安全面でも不安が残ります。ですので、これから家を建てようとなさる方はできる限り多くのコンセントを設置なさってください。またもうひとつ。もしも資金面で余裕があるようでしたら、自分たちの予定している部屋数よりもさらに1部屋、もしくは2部屋、余分な部屋をお作りになって下さい。我が家は家族3人だけですので、そんなに多くの部屋など要らないと思っていたのですが・・・甘かった。実に甘かった。居住年数が長くなるにつれ部屋は必要となってきます。第一荷物が増えてきますし、せめて来客用の部屋、できれば自分の仕事部屋も確保しておきたいものです。年月が過ぎてゆけば必要とする部屋数も増えてくると言う事実。こればかりは・・経験しなければ分からないことでした。できることならもう一度家を建てたいと思うのですが、こればかりは資金面の問題もあり、なかなか難しいことと思います。これからの方々は、どうぞ頑張ってください!

Menu